Macedoniaな日々

アンブロシアによる、TRPGとか観劇とか文具・画材とかのつれづれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

油性色鉛筆を溶かす実験

月光華亭のキャラシートにつけている絵は色鉛筆を使って塗っています。
ありあわせのもの(ユニとか色辞典とか)を適当に使っていたのですが、4月1日企画時に人物の肌に使ってみて気に入ったので、フランツからはホルべインのものをメインに使用しています。

さて、このホルべインアーチスト色鉛筆ですが、油性のみのラインナップになっておりまして、水彩色鉛筆は出ていません。その代わりといってはなんですが、メルツ液という溶剤が出ておりまして、これで溶かせます。

ところで、水彩色鉛筆がポピュラーになる前は、油性色鉛筆を溶かす手段といえばテレピンやペトロール(油絵に使う揮発性のオイル)だったわけですが、そういえばやったことないなーと。

120725_095452.jpg
というわけで、買ってきました。
クサカベのテレピンです。

120725_095554.jpg
でもって、メルツはこちら。
色鉛筆本体のセットを買い込むときに一緒に買ってきました。
成分には「界面活性剤、グリコールエーテル」とあります。
アルコール系なんですね。

…………。

120725_095730.jpg
カラレスブレンダー(コピックの0番)。
アルコール系ということでこれも試してみたらどうだろうかという、内なる声に従ってみました。

使った色鉛筆はこちらです。
120725_100458.jpg
上から、
三菱のペリシア(1本300円くらいする三菱の最上級モデル)
ホルべインアーチスト(現在の主戦力)
サンフォードプリズマカラー(今は名称変更してカリスマカラー。昔のベロールイーグルカラー)
三菱 ユニカラー(文具屋さんでも売ってる定番品)
トンボ 色辞典(同じくもはや定番品)
ダーウェント アーチスト(イギリス製。色揃えが独特)

しまった、ポリクロモスも入れときゃよかった。普段使わないので忘れていた……

結果はこうでした。
img001.jpg
(クリックして大きくしてね)
ホルべイン×メルツがうまくいくのは当然として、ダーウェントとの相性が良いのが意外です。
あと、カラレスブレンダー割と万能。
メルツは溶けないものはとことん溶けない感じですね。
テレピンは、溶けるというよりぼかすという感じでしょうか。指先ツールのようだ。

とりあえず、休日を費やしてこんなことをしていました。
……このテレピンどーしよーかな……(笑)
スポンサーサイト

« 銀河英雄伝説@TAKARADUKAを観てきたついでにだらだらと語る(1)|Top|ある意味掘り出し物 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rumelia.blog45.fc2.com/tb.php/15-84eb212a

Top

HOME

アンブロシア

Author:アンブロシア
夜に弱いのに夜な夜なオンラインに出没する人。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。